マンションダメージモニタリングシステム

マンションダメージモニタリングシステムとは?

マンションの壁、床、天井に高感度の光ファイバ変位センサを設置し、専用PCにて常時モニタリングします。 センサから取得したデータはインターネットを経由してマンション住人や遠隔地の監視PCに送信することが出来ます。 地震、地盤沈下、老朽化による建物の歪みをいち早く検知できるので、補強や修繕を行う等の対策を行い、事故や災害を未然に防ぐことが出来ます。

マンションダメージモニタリングシステム構成図
マンションダメージモニタリングシステムイメージ図

リアルタイムモニタリング

管理人室に設置したPC,マンション住人および遠隔地のPCから、現在の建物の状態をリアルタイムにモニタリングすることが出来ます。 地震の前後で建物に大きな歪みが発生していないか、正常値からのずれが発生していないか確認することが出来ます。

リアルタイム表示
リアルタイムモニタ画面

期間指定モニタリング

管理人室に設置したPC,マンション住人および遠隔地のPCから、過去のある期間の建物の変化をグラフ化して表示することが出来ます。 地盤沈下、老朽化等で徐々に歪みが蓄積していないか確認することが出来ます。

期間指定表示
期間指定モニタ画面

オンサイトデモ

デモンストレーションをご希望のお客様には模型を用いた無料のオンサイトデモを実施しております。 お問い合わせフォームよりご希望の日付、場所をお知らせください。

デモ写真
デモ用模型と8chコントローラ

ページのトップへ戻る